« 大気汚染 原因 | トップページ | 環境保護 ボランティア »

2009年2月26日 (木)

毒だしジュース

最近気になる環境ニュース!


魚など食べ吐き気シガテラ中毒 志摩市で予防研修会
読売新聞
シガテラ中毒は、藻類の一種「ガンビエールディスカス・トキシカス」が作るシガトキシンなど複数の毒が、食物連鎖で魚の肉や内臓に蓄積し、それを食べることで起きる。 熱帯や沖縄などの亜熱帯地域で知られていたが、数年前から本州でも発生しており、県内では昨年7月に ...(続きを読む)


かび毒分析追加 MA米検査を拡充/農水省
日本農業新聞
農水省は19日、ミニマムアクセス(最低輸入機会=MA)米を販売する際に、これまでの目視によるかびの有無の確認に加え、かび毒分析も行うと発表した。販売後にかび毒が発生するのを防ぐ。早ければ、20日から分析を始め、基準をクリアした米だけを販売する。 ...(続きを読む)


毒粉ミルク問題、上海では子供1人あたり2000元の賠償金
エクスプロア中国
メラミン問題で健康被害が出た毒粉ミルク問題で、上海奶業行業協会から一人あたり2000元の賠償金が出ることになった。すでに、2月17日から給付作業が行われている。 浦東新区の場合、「三鹿」のメラミンが入っていた粉ミルクを飲み、健康被害を受けたことを病院で ...(続きを読む)


覚せい剤使用 容疑中3逮捕 福岡県警
西日本新聞
同署によると、親せきから同20日に「様子が変だ」と相談を受けて生徒を任意で検査したところ、覚せい剤使用の反応が出た。両腕には注射したあとが計2カ所あったという。 生徒は今年1月、シンナーを使ったとして毒劇物法違反の非行事実で福岡家裁飯塚支部の審判を ...(続きを読む)


【経済が告げる】編集委員・田村秀男 「バベルの呪い」を解け
MSN産経ニュース
借り手という肉牛の何頭かが毒物に汚染されている、つまり借り手の一部が返済不能になってしまうと、不良金融商品、つまり毒入りハンバーグはかなりの数に上ってしまう。このハンバーグの組成は複雑で原料の産地表示もない。結局、すべてのハンバーグが疑惑をもたれて ...(続きを読む)



毒ミミズ
今日も近くの公園に行きました。ケンポンは保育園の子ども達に混じって楽しそうに駆け回っていました。なぜだかわかりませんが、パパも子ども達によく話しかけられました。巨大毒ミミズが現れて一番強いガキ大将の子が見事にやっつけたそうです。 ...(続きを読む)

『少女』
毒があるなぁ。 少女ってかんじ。 美しいとされている「少女」でも、「女」は怖いのだ。 力ではなく、もっと深い部分で恐ろしい。 はらの中がドロドロしている。ひとえに、表面に出せないからだと思うけど。 そういう側面を出している作品だと思う。 ...(続きを読む)


|

« 大気汚染 原因 | トップページ | 環境保護 ボランティア »

気になる環境ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/523909/28371163

この記事へのトラックバック一覧です: 毒だしジュース:

« 大気汚染 原因 | トップページ | 環境保護 ボランティア »