« 温暖化 問題 | トップページ | 中国 環境ビジネス »

2008年7月22日 (火)

環境ホルモン 問題

最近気になる環境ニュース!


プラ製哺乳瓶 取り扱い注意
読売新聞
ビスフェノールA プラスチックの原料として、パソコンや携帯電話から食器まで幅広く使われている。体内のホルモン分泌に影響を与える内分泌かく乱物質(環境ホルモン)の疑いがあるとされる。1998年ごろから社会問題化して、学校給食用のプラスチック製容器が相次い ...(続きを読む)



この映画は?⇒ ドキュメンタリー 映画

かんおんじ。。食から健康
環境ホルモンなどの悪影響から人体を防護する働きもアップするとのことです。 体内から毒素が抜けるってどんな感じだと思いますか?手足が急に軽くなるんですよ。 どこでも手に入るような安物のサプリメントとは比べ物になりません。 ...(続きを読む)

ムースはいいよ
そもそも、食材自体に体によくない添加物や農薬、環境ホルモンが混ざっているのですから。 私もどうすればいいか悩んでいたところ、友人から進められたのがムースなのです。 サプリメントのなかでもムースは特に栄養補給に最適です。 ...(続きを読む)


殺虫剤や加工食品、農薬には環境ホルモンが含まれているといわれています。
殺虫剤や加工食品、農薬には環境ホルモンが含まれているといわれています。「内分泌攪乱化学物質」とよぶそうですが、実際には害虫が孵化しなくなるとかインポになるとからしいです。ホルモンなどの仕組みは、昆虫も動物もあまりちがわないようなので、人間にだって影響あるのでは。少子化の本当の原因は環境ホルモンなのでは?(続きを読む)


|

« 温暖化 問題 | トップページ | 中国 環境ビジネス »

気になる環境ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/523909/22473276

この記事へのトラックバック一覧です: 環境ホルモン 問題:

« 温暖化 問題 | トップページ | 中国 環境ビジネス »