« 1 | トップページ | 1 »

2008年7月18日 (金)

14

最近気になる環境ニュース!


【レポート】 ニュージーランドの屋久島--マオリの神木に出会う旅
マイコミジャーナル
この屋久島の縄文杉との様々な類似点から、現在、環境保護活動などで情報交換を進める計画がある神木がある。ニュージーランドのワイポウア森林保護区にあるカウリの巨木「タネ・マフタ」だ。 ワイポウア森林保護区にあるカウリの巨木、タネ・マフタ。 ...(続きを読む)


中国、資源の節約と環境保護を強化
中国国際放送
中国共産党中央政治局の常務委員でもある李克強副首相は16日、北京で「中国は、さらに科学的な発展観を実施し、揺るぎなく持続可能な発展の道を歩み、資源の節約と環境保護に力をいれ、経済構造の調整と発展方式の転換を推進し、国民経済のより良い、より速い発展を促して ...(続きを読む)


“大地にキス”台湾の黄さん環境保護を訴え 鄭成功生誕祭で平戸訪問
長崎新聞
台湾の著述業、黄宏成さん(40)が14日、大地にキスをする活動で環境保護を訴えようと長崎県平戸市を訪れ、鄭成功生誕祭(平戸観光協会主催)に参列した。平戸を皮切りに世界各地を巡って訴えを続けるという。 黄さんは、地球のすべての人が大地を慈しみ環境悪化を ...(続きを読む)


ウミガメ:保護活動が実る? 上陸が観測史上最高ペース 屋久島
毎日新聞
関係者は「ウミガメが乗る海流の北上などの影響か」などと首をひねりながら、「保護活動が実ってきた面もある」と喜んでいる。 日本に来るウミガメの大半を占める「アカウミガメ」は、環境省のレッドリストで、近い将来絶滅する危険性が高い「絶滅危(惧ぐ)1B類」に ...(続きを読む)



気になるキーワード
隆慶一郎

「ミスター・フレンドリー」エコ活動支援で公開調印式-代官山
メーンキャラクターを務めることになったNPO法人ガイア・イニシアティブは、キャスター、ジャーナリストで三洋電機前会長の野中ともよさんが地球環境保護を目的に昨年設立したNPO法人。「未来の子どもたちによりよい地球(ガイア)を残そう」と活動の支援 ...(続きを読む)

真夏
環境保護のため、地道にしてきた数々のエコ活動の効果を、疑問視する指摘が増えている。「地球に優しく」「次世代のため」との掛け声の下で取り組んできたが、本当に意味はないのか、考えてみた。【山寺香】そのエコ本物?! <割りばしを使わずマイはし ...(続きを読む)


中米コスタリカ創価学会のメンバーはトゥリアルバ市エル・カルメン村で、「サンホ....
中米コスタリカ創価学会のメンバーはトゥリアルバ市エル・カルメン村で、「サンホセ市の環境保護グループ」らとともに5月11日“私たちの手で母なる自然を守ろう!”と280本の苗木の植樹運動を2005年に続き2回目の植樹運動を実施したそうです。これは“環境保護の先進国”として名高いコスタリカは、政府が500万本植樹運動を提唱し、見事に達成していることの一環だと思われます。コスタリカ政府が行った500万本植樹運動を教えて下さい。(続きを読む)


気になる映画⇒ トルコ映画 おすすめ

|

« 1 | トップページ | 1 »

気になる環境ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/523909/22385813

この記事へのトラックバック一覧です: 14:

« 1 | トップページ | 1 »